2006年06月23日

イタリア対チェコ (2-0)

今大会初めてイタリアの試合を見る。
カテナチオを捨てて攻撃的なフットボールをしていると聞くが。

チェコはFIFAランク2位の超強豪国であるが、
この試合に勝たないと自力でグループ・リーグ突破できない状態。
対するイタリアは引き分けでもOKだが、
勝って1位通過を確実にしたいところ。
2位では、決勝リーグでブラジルと対戦する可能性が高くなるから。

こうした状況でキック・オフ。
チェコは残念なことにけが人が多く、
また攻撃の要である長身のコラー(コルラー)が出場できない。

開始直後はチェコのペースでイタリア・ゴールに襲いかかる。
なんとも美しい攻撃で、この時に点を取れていれば
この後の状況も大きく違っていたろうに。
ため息が出るほどの鮮やかな、
ネドベドのピンポイントのパス。
また、彼の無尽蔵のスタミナ。

コーナー・キックからイタリアに先制される。
こなると完全にイタリアのペース。
伝統は生きており、これがカテナチオというものを見事に表現していた。
それでもチェコは攻撃しており、いくつかのチャンスをつくっていた。
だが、不用意なファールで2枚目のイエローカードを受けた選手が出て、万事休す。10人で懸命に攻めるが、やはりカテナチオを破ることは容易ではなかった。グループ・リーグでチェコが敗退するのは残念であるが、ネドベドの神鬼せまるプレイを見れ、満足した。こんなに攻守にわたって一流のプレイをする選手が引退を考えているとは残念なことだ。バロンドールを受けただけの選手ではある。すばらしい。日本にもいればなあ。

イタリアはやはりしたたかで、
完璧な試合運び。これも伝統のなせる業か。
とうてい日本に望むべくもない業である。
トッテイに関して、まだ十分にコンディションが戻っていないようだ。
それでも、2度もチップインでゴールを奪おうとするなど、
余裕のある試合運びから、このようなことが出来たのだろう。
もっとコンディションがあがった彼のプレイをノックアウト・ラウンドでみたいものだ。

総括として、この試合は面白かった。イタリアに先制されるとやはり勝つのは難しいようだ。
posted by James Bond at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19740715

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。