2006年06月23日

日本対ブラジル (1-4)

ブラジル相手に2点差以上で勝たなければ
決勝トーナメントに行けない日本。
対するブラジルはすでにグループリーグ突破を決めている。

これまでまともに得したことのない日本が
ブラジルから2点差以上とるのはまず無理。
せいぜい引き分けがいいところ。
だが、今回は勝ちに行かなければならない状況なので、
大量失点で敗北する可能性がめちゃめちゃ大。

日本のスタメンをこれまでから若干変更
福西を稲本、FW2人を巻と玉田に。

試合の入り方としてはまずまずであったと思う。
シュートを打たれまくってはいたが、
きちんとシュートコースにはDFがはいっていたし、
キーパーもシュートコースが読みやすかったとおもう。

加地がペナルティエリアに入り折り返してチャンスを作るなど、
コンフェデでブラジルと戦ったときの再現かと、思えるほどいい働きもあり
ひょっとしたらゴール生まれるかな、
という淡い期待が膨らむ。
そうこうしているうちに、
サントスから玉田へのスルーパスがきれいに決まり、
これまた、玉田がダイレクトにゴールに叩き込んだ。
日本が先制するとは、まさにうれしい驚きである。
だがしかし、またもや前半ロスタイムで簡単に失点。
サイドからのクロスにDFがボール・ウォッチャーになり、
マークがずれたところロナウドに決められる。
どうして、こうも集中力が欠けるのだろう??
前半を1点リードして後半を折り返すのと、
また2点とらなきゃと落胆して後半をむかえるのではぜんぜん試合の進め方が異なる。この点で日本チームは、先進的な部分で、ほぼ万事休すの状態だったのではないか。

後半になると、ブラジルにやられ放題。
個々の一対一で負けるは、
勝負はしないは、
ボールは回らないはと、
まさに子供と大人の戦いに。
ロナウドは全く動かずとも、
きちんと仕事をする。
2得点だ。
日本のFWは動きまくるが点はよう取らない。
まさに好対照をなしている。

後半途中に投入された高原、
あっけなく足を痛め、大黒と交代。
なにしに出てきたんだか。

最後まで闘志を失わず、
走り続けたのは少数しかいなかったのは残念だ。
そういう意味では、やはり中田は真のプロである。
彼は走り続けた。最後まで戦い続けた。

中村と小笠原はこの試合でもまったく機能しておらず、
戦う姿勢もあまり見出せなかった。

中田も、パスの精度はかつて程の切れ味もなくなり、
キラーパスも出せず、
ミドル・シュートも勢いがなかったが、
それでも、最後まで味方を鼓舞し、
ピッチを走る姿に、国を代表して戦っているんだという、
強烈な意思がこちらにひしひしと伝わってきた。
試合終了後、ピッチで動けず、涙を流した彼、
よっぽど悔しく、完全燃焼できなかったのだろう。
代表引退を示唆しているが、
間違いなく、次のワールドカップでも必要な人材だ。

ブラジルと対戦することで明らかになったのは、
個々の技術はまだまだであることと、
フィジカルの強さ、
組織で戦う必要性、
等々素の日本が見れたことでいくつかのことが明るみになった。

ワールカップのような過酷な戦いを勝ち抜くには、
巧い選手でなく、
中田や川口のような戦える選手でないと難しい。
posted by James Bond at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

6.22コラム  日本代表が得たものとは…
Excerpt: ■日本人サポーター、必死のチケット購入!  朝から街の空気がそわそわしている。日本とブラジルの両国のサポーターにとっては予選グループも最終戦を迎えるとあって、テンションがあがっていた。ブラジル人..
Weblog: ワールドカップブログ
Tracked: 2006-06-24 12:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。