2006年06月19日

日本-クロアチア (0-0)

初戦を落とした以上、
予選突破するにはどうしてもかち点が欲しい日本であるが、
得点する匂いが全くしないチームとなってしまった。
さて、どう戦って行くのか。

前半、まずまずの試合の入り方であるが、
クロアチアにペースを握られる。
そうこうしているうちに、
やはり、キャプテン宮本の粗相があり、
PKを献上。
やってはならないミスをするのがわが日本チームの特徴となってしまった。
フィジカルに問題のある宮本を中心にしたDFに問題がある。

大舞台に強い川口がスーパーセーブ。
ここで点を取られていたら、
まず間違いなくクロアチアの勝利となっていただろう。
それくらい、日本の精神力は弱く、コンディションも悪く、技術も悪くなってしまった。
幸い、川口の活躍により、失点を塞いだ。
さあ、これから日本のペースかと思いきや、
なかなかそうわいかず、一進一退の攻防であった。

徐々に日本がペースを握り有利に試合を進めたが、
絶好のチャンを正に柳沢らしく、みごとに外す。
日本中がずっこけた瞬間であった。
ゴール前、加地からの折り返し、
インサイドで合わせるだけで得点できる他のだが、
アウトサイドに華麗にかけたボールは、
加地につられゴールポストに釣り出されたキーパーの股間を抜く
という離れ業をやってのけ、見事に外した。
後に監督ジーコが得点能力不足準備不足と断罪するのもうなずける。
また、柳沢自身も「急にボールがきたので」という言い訳にもそれが見て取れる。しかし、ながら柳沢の名誉のために一言付け加えるなら、あの位置にいたのは彼だけであり、他の選手はいなかったという事実だ。もう一人のフォワード高原はどこにいたのだ?

サイドからの折り返しにだれも詰めていないことが多すぎる。
サッカーの基本であろう。
好意的に考えれば、午後3時からのキックオフということで、
体力の消耗が激しく、そこまで走り込むことができなった、ということになろうか。

しかし、こんなに走れない日本チームを見たのは久々である。
加茂ジャパン以来かな。
そのなかで唯一闘志をむき出しにして戦い走り続けていたのは、
中田英とサントスぐらいだった。
加地も立派に仕事をしていたが、
中村、小笠原、高原は何をしておるのだ。
ずーっと画面から消えたまま。
走れない選手はまともに仕事など出来るわけがない。
途中出場の稲本がコンディションがあがってきたようで、
いい仕事をしていた。
玉田はチャンスがあったがやはり、スカタンをかましていた。
まったく得点しそうのないFWをよくもジーコは選んだものだ。

クロアチア、日本双方、得点のチャンスがあったが、
やはり、それでも、日本の方が優位に試合を進め、
チャンスを多く作ったのだから、勝っておくべき試合である。
試合終了のホイッスルが鳴ったとき、能天気にもガッツポーズをとる若い女性の日本のサポーターが画面に映し出されたが、まさにこのシーンこそ、現状を理解していない日本チームそのものをシンボリックに反映しているように思えてならなかった。
posted by James Bond at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19789410

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。