2006年06月25日

ドイツ対スウェーデン (2-0)

今大会始めてドイツとスェーデンのチームを見るのだが、
どんな戦いをするのか楽しみだ。
皇帝バラックの調子も上がってきているようだし、
対するスェーデンのイブラヒモビッチの足技も楽しみだ。

序盤早々に独逸クローゼの突破からルーカス・ポドルスキがこぼれ球を押し込み先制。そしてその約10分後、またもやクローゼからのパスに反応したボドルスキが得点。ツートップのコンビネーションが抜群に冴えている。

ドイツのDFを見ていると、ところどころスカタンや集中の切れる箇所があったが、なにせスェーデンの攻撃に全く破壊力がなかった。イブラヒモビッチも股関節の故障から完全復活とは程遠く精彩を欠いた。

また後半にスェーデンがPKを得たが、これをラーションが決めることが出来ず、波に乗れなかったが最後まで響いた。1点差まで詰め寄れば、なんとか、という淡い期待は抱けたろうに。あとは、まったくいいとなくドイツにやられ放題のスェーデンチームであり、攻撃の片鱗さえ見せることが出来なかった。前半に1人退場者をだしたスェーデンは力を出し切ることも許されなかった。

こうして見てみると、ドイツの強さがものすごく強調された試合であった。中盤は完璧に制圧し、面白いように、ミドルシュートが撃てた。残念であったのは、そこからのシュートが1本も決まらなかったことだけであろう。まさに、骨太という表現がぴったりの男っぽい試合運びであった。

日本とのテストマッチではあわや敗北というところまで追い詰められたドイツとは思えないほど、調子を上げてきている。DFも予選リーグの初戦では2点を取られはしたが、きっちりと調整してきており、まだ不安があるとはいえ、優勝を狙えるような状態まで仕上がってきている。また、クローゼも前回の日韓ワールドカップで見せたゴール前での慌てふためいた落ち着きの無さもなくなり、より成長した姿を見せてくれていた。成長とはこうゆうものだな。対して、われらが日本のFW陣は、あまり成長の後が見られず残念無念であった。
posted by James Bond at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。