2006年06月25日

アルゼンチン対メキシコ (2-1)

大会前はそれほど評判は芳しくなかったが、
予選リーグの戦いっぷりを見て、
優勝候補に食い込んだアルゼンチン。
一方、日本が真似るべき対象であるパスをつないでくるメキシコとの一戦。
アルゼンチンといえども決して侮ることが出来ない中堅国である。

開始早々、メキシコがしてやったりの展開でクロスから点を取る。追いかける展開になったアルゼンチンがどういう具合に試合をコントロールすのか楽しみになったが、なかなか主導権を得られない。が、コーナーキックからクレスポがゴールを決めすぐに追いついた。これはアルゼンチンにとって大きかった。

この後は一進一退の攻防で、アルゼンチンらしさがあまり出せなかったという点で、メキシコが優位に試合をコントロールしていたと言えよう。リケルメからFWへのくさびがなかなかはいらず、前回見たような驚嘆するようなプレイはみられなかった。後半には、アイマール、メッシ、テベスを投入し、得点をとりに行ったが、あまりバランスのとれたものではなかった。アイマールとリケルメが共存できるのかと思ったが杞憂であった。とはいえ、やはり化学反応が起こるほどでもなかった。

今大会初めての延長戦に入り、どうなるのかと、みていると、ゴールエリアの外からのロドリゲスのボレー一発でメキシコを粉砕。ミドルシュートはやはり有用な武器である。メキシコも必死に追いすがるが、やはりこうなると組織で時間をつぶして行くのに長けたアルゼンチンに追いつくことは難しかった。

どちらのチームがベスト8になってもおかしくなく、
メキシコも十分勝利に値する戦いを見せた。
最後の1ミリの差というのはやはり大きいものだ。
状況を一発で打破できる力というのはやはり魅力がある。
ただ、今日見る限りではドイツに勝利するには難しいように思える。
リケルメの苦しい表情が印象的であったが、
もう少しコンディションを上げる必要がある。
posted by James Bond at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。