2006年06月27日

イタリア対オーストラリア (1-0)

オーストラリアの選手を見ていると、
ラグビー選手がそのままサッカーをやっている、という印象を受ける。
ユニフォームもジャージと呼ぶのがふさわしい感じさえする。

試合はオーストラリアが優位に試合をすすめていた。
テクニックうんぬんより、やはりフィジカルを生かした
パワーを前面に押し出した、放り込むサッカーを展開。
対するイタリアは退場者を出すまでは、
それなりに攻撃もしており割と楽しいサッカーをしていた。
退場者を出した後は防戦一方。
とはいえ、イタリアだ。
カテナチオがある以上、やられっぱなしに見えても、
きちんと決定的なチャンスは作らせないし、
カウンターもしっかり狙っている。
後半ロスタイムにオーストラリアがPKを献上するのだが、
これも、ここぞ、というときの集中した攻撃があってこそ。
やはりメリハリはきちんと適切につけている。
対する、オージーは経験不足が最後まで響いた。
延長戦まで持ち込めれば、勝機は拡大できたろうが、
それでもカテナチオをこじ開けることは単純な攻撃では難しいだろう。
しかし、強国相手によく健闘した。
posted by James Bond at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19964214

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。