2006年06月28日

ブラジル対ガーナ (3-0)

ガーナがどこまでブラジルを苦しめるか、
それを一番の楽しみにしていたが、
前半早々にカウンターから失点してしまい、
ガーナのゲームプランは崩壊。

それでも試合を支配し、ボールを支配し、
執拗に攻撃を繰り返すガーナにある種のシンパシーを感じた。
怒涛の勢いで攻めるが、
悲しすぎるかな、フィニッシュの精度が粗悪であり、
シュートを撃たないが、撃っても枠に飛ばないどこかのチームを思い出した。

幾度も決定的なチャンスをつくり、
1点を取り返してたら、ガーナの勢いを止めるのは
ブラジルといえども、
困難を極めたろう。

さすがにブラジルである。
チャンスは一度で十分のようだ。
カウンターで再びゴールをする。
彼らをみていると、ゴールするのはなんと簡単なことかと錯覚してしまう。

ガーナは退場者を一人出したとは思えないほど
ピッチを縦横無尽に走り、
ボールを良く回し、
ゴール前に迫って行った。
ゴールだけが遠かった。
しかし、試合を盛り上げたのは間違いなくガーナであった。
結果は3-0だが、十分に期待に沿える内容であり、
十分胸を張ってよいだろう。

しかし、ブラジルは強い。
本調子でなくともこれですから。
posted by James Bond at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。