2006年07月01日

ドイツ対アルゼンチン (1-1) PK:4-2

互いに優勝候補同士の一戦。
準々決勝のあたりが、たいてい良い試合をするチームが多い。
期待感大。

前半と後半ではガラリと変わった展開となった。
前半はアルゼンチンが終始主導権を握り、
ゲームを支配していたが、
ゴールを脅かすところまでは詰めきれない。
総じて静かな展開であった。

後半、アルゼンチンが得点すると、
とたんにゲームが動き出す。
ドイツらしい攻撃が随所に見られ、
アルゼンチンをあわてさせる。
ゴールからゴールへと激しくボールが動き
見ている側は面白くなった。
中盤でボールが支配できなくなったアルゼンチンは
リケルメを下げ、
速攻を出来るように、
そして、
1点を守りきる作戦に。
セオリー通りだが、
独逸に点を取られ万事休す。
何度か得点チャンスを作るものの
きちんと決めれずアルゼンチンの攻撃は迫力を失う。
ドイツとすればPKになる前に試合を決めたかったと思うが、
互いに健闘しPK戦に。
PKは運とはいえ、
地元ドイツが断然有利に。

魅力的なサッカーをしていた
アルゼンチンが大会を去るのは至極残念である。
魅力的な楽しいサッカーをしているチームが強いとは限らないのだ。
posted by James Bond at 13:58| Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20103357

この記事へのトラックバック

W杯!ドイツ対アルゼンチン
Excerpt: 昨日は12時からドイツ対アルゼンチン戦をみました。 あまりシュートのない試合でしたが、どっちが勝つか 最後までわからい白熱したよい試合だったと思います。   先にドイツが先制されましたがなんと..
Weblog: どさくさアフィリエイト
Tracked: 2006-07-01 17:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。