2006年07月04日

中田英寿 引退

衝撃的なニュース
日本のサッカーを引っ張ってきた中田英寿選手が
自身のHP上で引退を表明。

4年後のワールドカップでもチームを引っ張り活躍するものと思っていただけに残念極まりない。選手としてもまだまだ活躍が可能なだけにもう彼の雄姿を見れないと思うと残念だ。

思えばイタリア・セリエA ペルージャで、ユベントンス相手に2点を奪ったプレーは鳥肌ものであり、日本人に大いなる勇気を与えてくれた。また、ローマではトッティの控えながらも、きっちりと自身の役割をこなし、スクデット獲得に不可欠な働きをした。後半にトッティと交代し、ミドルシュートを決め、アシストも記録した、事実上スクデットを獲得決定した日のことは忘れられない。ュートを決めたときの誇らしげな顔と、ガッツポーズ。最高にクールな瞬間であった。そのごチームを点々とするが、ケガの影響のため、全盛期のプレイ、相手を切り裂くキラー・パスはなりを潜めた。また、トップ下からボランチへのコンバートもあり、才能を100%発揮する機会が奪われた。かつては、イタリア代表のベンチに座れるとまで言われた選手であったのだが。プレミアリーグ、ボルトンでのベンチを暖める日々が彼からモチベーションを奪ったのだろうか?中盤を省略するというチームの戦術にフィットしなかっただけだったので、チームを変えればまたかつての輝きを取り戻すだろう、と思っていたのに。

それでもなお、一流の選手には違いは無い。彼の最後の試合となった、ブラジル戦では死力を尽くし、戦い続けた姿がそこにはあった。日本代表に無かった戦う姿勢、日本を代表しているという誇り、を存分に発揮した。悲しかったのは、そのような同じ姿勢の選手がほとんどいなかったことだ。

彼は真のプロであった。求めるスタンダードが極めて高く、自分に厳しいだけでなく、チームにもそれを求めた。こうした態度は日本では受けいられなかった。仲良しクラブでなく、戦う集団でしか彼の居場所がなかった。

彼ほどの成功と孤独を得たサッカー選手はいまい。
彼を理解した人々が彼を支えたが、多くはいなかった。
野球などといったローカルなスポーツでなく、
サッカーという世界一のスポーツで成功したことは、
どれほど日本人の存在価値を高めたことであろうか。
国民栄誉賞をあたえられる働き十分した。
いちスポーツ選手ではあるが、
パイオニアであることはそれ程価値のあることなのだ。

不覚にも、彼の引退を聞いたとき
涙があふれた。
正に夢追い人であり、達成者であり、具現者であった。
posted by James Bond at 15:58| Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20260436

この記事へのトラックバック

中田英寿の引退
Excerpt: サッカーファンとしてやっぱり中田英寿の引
Weblog: 仮面舞踏会
Tracked: 2006-07-04 16:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。