2006年07月05日

ドイツ対イタリア (0-2)

ホームアドバンテージを活かせるか、
地元のドイツ対伝統のカテナチオが復活しつつあるイタリア。

試合は、イタリアペースで進む。
ドイツはいつもの攻撃が見られない。
それどころか、イタリアの前線からのプレスに攻撃の糸口すら見出せないでいるようだ。その点、イタリアのこの試合にかける意気込み、攻撃的姿勢は少しおどろきである。とはいえ、やはりコノチームは守備がしっかりしている。ガットゥーゾがあらゆる攻撃の芽をつんでいる。

数少ない得点のチャンスにドイツ攻撃陣はゴールを決めれなかった。
ポドルスキにはいくつかのチャンスをつぶした。
決定力が今回の試合ではなかった。
あらゆるシュートが枠に行かない。吹かしてしまう状態であった。
後半はドイツも盛り返した。
特にクローゼの働きはすばらしかった。
ゴール前に突進するそれは神気溢れるプレイであり
見せ場を作っていた。
しかしながら、
やはり総じてイタリアが試合をコントールしていたように見えた。

ブッフォンとレーマンという二人の稀有なゴールキーパーがそれぞれすばらしい働きをし、試合を引き締めていた。こうしたキーパーがいる国は幸せだ。安心して守備に専念できるからだ。

途中交代で入ったデルピエロが延長戦で決定的な働きをした。
ドイツにはもう反撃するする力は無かった。
最後に勝敗を決めたのはやはり技術ではなく、
勝ちたいという強烈な意思なのだと感じた試合であった。
posted by James Bond at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20314010

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。