2006年06月28日

フランス対スペイン (3-1)

いまいち調子の上がらないフランスと
連日すばらしい試合を見せてくれているスペインの対決。
ジダンのラストゲームにしてほしくは無いので、
フランスを応援。ガンバレ、ジズー!

これが調子の上がっていないフランスなのか、
というぐらいボールを巧みに回し、ゴールに迫る。
一方のスペインは押し込まれ、
これまで見せてきたようなパスワークが見られない。
が、フェルナンド・トーレスはすばらしいスピードで
相手ゴールに迫る。
彼がボールを持てば何かしでかしてくれるのではないかという
期待で胸が膨らむ。

そうこうしているうちに、
フランスはPKを献上し1点を失う。
しかし時間はたっぷりある。
試合毎に自信をつけていったのでだろうフランスチームは
あわてることなく、こつこつとジダンを中心に攻撃を繰り返す。
そうして、生まれたのが前半終了間際のゴールであり
同点に追いついたことでフランスがずっと有利に見えた。

スペインは前半からの流れを断ち切ることができずに、
フランスに主導権を奪われたままのように見える。
膠着状態が続いていたが、
終了間際のセットプレイからフランスは1点をもぎとり、
さらに前がかりになったスペインの裏のスペースを抜け出したジダンが
どどめの一撃を加えた。

こうしてみると、
両国とも賞賛に値するプレイをしていたが、
チームのまとまり、底力がフランスの上だったのだろう。
なにしろジダンが復調しているのが頼もしい。
posted by James Bond at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。