2006年07月06日

フランス対ポルトガル (1-0)

ポルトガルは前節出場できなかったデコが戻り、
出場が危ぶまれていたフィーゴやクリスチャーノ・ロナウドも出場ができ、
満身創痍とは言え、役者が揃い何よりである。
対するフランスもラスト・ダンスを踊るジダンを筆頭に、
鉄壁の守備を誇るビエラ等スターティング・メンバーに。

開始直後から一進一退の攻防で見るものを飽きさせない。
開始早々にデコのミドル・シュートをキーパーのバルテスが弾いたが、
パウレタ詰め切れなかった。
これが決まっていれば、
ポルトガルかなり優位にゲームを進めることができたろう。
何度かチャンスを作るが最後のところで防がれる。

一方でフランスはアンリが何度か見せ場を作る。
縦へのスピードはさすがである。
DFをかわしシュートを放つがキーパーに惜しくも阻まれる。
入っていてもおかしくは無いものであった。

そうこうしているうちに、
アンリが巧い具合にPKを獲得。これをジダンが決める。
ポルトガルDFはある意味不幸であった。
DFがボールを取りに行く際、アンリにかわされ、
バランスを崩し、偶然アンリの足にかかる。
PKを取られても、取られなくてもおかしくないものであった。

後半、ポルトガルは怒涛の攻撃を繰り返すが、
最後のフィニッシュまで持っていけない。
ロナウドもドリブル突破し
一人で切り込むなど奮闘を見せるが、
どうにも単発で終わる。

終盤に放ったロナウドのミドル・シュートを
またもやバルテスが不用意に弾く。
今度は下にこぼすのではなく、
空中にボールが飛び出し、フィーゴの頭上へ。
落ち着いてヘッドをすればゴール。
だが吹かしてしまう。
目の前に飛び込んできた味方が視界をさえぎったのか?
頭を抱えるフィーゴ。こんな姿を見るのは初めてだ。

フランスはポルトガルの攻撃を巧くかわし、
見事なディフェンスを示した。
また、パスの精度を欠いたり、
パスミスを繰り返したりと、
デコの調子がいまいちだったのも響いた。

やはり決めるときに決めないと勝てない。
勝っていくチームは不利な状況でも
少ないチャンスをきっちり決める。
集中力と技術、そしてコンディションがすべてなのだろう。

こうして、決勝戦でジダンの最後の雄姿を見ることが許された。
決勝戦のイアリア対フランス。
フランスの勝ちを予想するが、
どうなることか、楽しみである。
posted by James Bond at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。