2006年07月09日

ポルトガル対ドイツ (1-3)

「技のポルトガル」対「力のドイツ」という構図。
3位決定戦というのは、モチベーションがあげにくいようだが、
ドイツは地元であり、ポルトガルより断然高い士気を維持しているだろう。
フェリペ・スコラーリ監督は、3位決定戦を喜びより苦痛であると指摘。

先発にドイツはバラックの名は無く、
対するポルトガルもフィーゴの名は無い。
しかし、ドイツのゴールマウスにはカーンが。
4年ぶりの登場。
うれしいね、
ますます、ゴリラチックになって、素敵。

さて、試合であるが、
激しいプレスはさすがに無く、
互いにスペースが与えられた展開。
開始早々、パウレタが決定機を決められず、
前半は、ドイツが幾度もセットプレーを獲得しドイツペース。
後半は、シュバインシュタイガーのミドルが炸裂。
無回転のボールはさすがのリカルドもはじき出せなかった。
その後も、フリーキックからオウンゴールを誘い、追加点を得るドイツ。
さらに、シュバインシュタイガーのミドルが炸裂し3点目を得る。
ポルトガルにはとてもとても3点も取る力はない。
後半途中に入ったフィーゴからのピンポイントのクロスに、
ヌーノ・ゴメスが頭で合わせるが、反撃もここまで。
ポルトガルはサイドからの突破があまり見られず、
攻撃のバリエーションもあまり無かった。
よくまとまった良いチームではあったが、
ドイツの強さの前には、屈するしかなかったようだ。

ドイツはやたら強さが目立った。
フィジカルといった狭義のものでなく、
試合運び、展開力といったサッカーを勝つとい意味で
力強さを感じるフットボールをしていた。

互いにスペースがあるサッカーだったので、
見ている分には楽しめるものだった。
各々が疲れをものともせず、
持っている技術を見せてくれていたからだ。

さて、残りは決勝戦を残すのみ。
引いて守って、隙を見て1点を取りに行く
狡猾なサッカーをするイタリアは正直あまり好きでない。
ジダンよ、
ブラジル戦で見せたようなダンスを踊ってくれ!
posted by James Bond at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。