2006年07月10日

決勝戦 フランス対イタリア 1-1 (PK:3-5)

ついに決勝戦。
どちらが勝つにしろ面白いゲームが期待できそう。

前半、そうそう幸運なPKを得たフランス。
ジダンがきっちり決めて1点を先制。
ここからゲームが激しく動く。
全体的にイタリアがゲームを支配しているように思える。
ただ、トッティの姿が全く見えない。
フランスDFの巧妙なマークに仕事ができない。
このまま機能せず、後半途中交代となった。

イタリアは役10分後にはセットプレーから得点し追いつく。
フランスの守備の危なっかしいこと。
セットプレーでことごとくシュートを打たれる。
イタリアはこの時間帯でゴールを決めていれば、
後の展開は楽になったのに、決め切れなかった。

後半に入ると、フランスがゲームを支配し始める。
イタリア防戦一方。
だが、イタリアはこの手の展開には慣れたもの。
フランスもいくら攻撃中といえどもまったく油断ならない。

アンリに上手くボールが入りだす。
スピードが全く異次元です。縦への突破はさすがの一言。
だが、得点できない。
イタリアDFのカンナバーロの巧さが光る。
彼以外なら、点を取られていてもおかしくは無い、
アンリの突破が再三再四あった。
このような一対一のレベルの高い戦い、
見ている方は、楽しくて仕方が無い。

イタリアは途中でPK戦以外に勝機を見出すことは出来ないと、
判断したようで、ゴール前に引きこもり。
フランスも攻めの形はつくるものの、さいごのとどめをさすところで、
イタリアDFに跳ね返される。
イタリアの速攻もあまり見れず、
途中交代で入ったデル・ピエロも攻効果的な攻めはできなかった。

延長戦では、クロスに飛び込んだ、ジダンが
フリーでヘッディング・シュートを放つが、
がブッフォンに阻まれ、
惜しいチャンスを逃す。

ジダンの悪い癖が爆発。
マテラッテイに頭突き。サッカー用語ではヘディングをかまし、
一発退場。10人になったフランスだが、攻撃の手を緩めずに攻めまくるが、
得点できずに、PK戦へ。
マテラッテイは良くも悪くも、この試合の立役者になった。
フランスにPKを献上したのは彼、
得点したのも、彼、
そして、ジダンの引退試合に彼を追い出したのも彼。
何か、ジダンに汚いことをののしったのだろうが、
ガマンできなかった時点でジダンの負けである。
自らの引退試合をこんな風に去ってしまうのは残念であろうが、
仕方ない。これが、真剣試合の妙でもあるのだから。

PK戦では、もう選手には責任はないだろう。
まさに運がほとんど物を言う世界。
イタリアは全員が決めたが、
フランスは2番手のトレセゲが外し、
万事休すとなった。

総じていい試合だったと思う。
決勝戦は通常凡戦が多いのだが、
各々の特徴をいかした攻撃的な試合が見れた。
しかし、PKというのは残酷な仕組みである。
posted by James Bond at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20565403

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。