2011年06月07日

復讐法廷/ヘンリー・デンカー

復讐法廷 (ハヤカワ・ミステリ文庫)復讐法廷 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ヘンリー・デンカー 中野圭二

早川書房 2009-09-10
売り上げランキング : 152555

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

故小室直樹先生ご推薦の小説。
原題はOutrageであり憤怒という意味。
読めばその意味することがわかります。

検察が如何にして証拠を集め、
起訴に持ち込んでいくか、
彼らの法にたいする態度・哲学ががよくわかる。
それに比べて我が国の検察は法もへったくれもなく、
好き放題に証拠を集めでっち上げをしていることか。
そういった法的はことはともかく、
小説として一級品。
名もなき英雄が司法制度そのものに立ち向うさまは当にアメリカン。
自己を捨てる人がいなければ正義は達成できない。
涙なくしては読みきれない一冊でした。
posted by James Bond at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍:一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/208167442

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。