2006年12月03日

007/ワールド・イズ・ノット・イナフ/ピアーズ・ブロスナン

007/ワールド・イズ・ノット・イナフ〈特別編〉
007/ワールド・イズ・ノット・イナフ〈特別編〉マイケル・アプテッド ピアーズ・ブロスナン ロバート・カーライル

おすすめ平均
stars結構面白いですよ
stars切ないほど美しいソフィー・マルソー
starsソフィー・マルソーが美しくてせつなくて、とても豪華
starsブロスナンボンドの最高傑作
stars007に興味のある方へ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一度見ているはずであるが、
さっぱり思い出せず最後まで見てしまった。
ソフィー・マルソーが出ていたので、彼女に注目。
コケテッシュな魅力は健在であり華を添えてくれていた。
内容は、それはもうまさに007であり、
荒唐無稽なスパイアクションであり、スッキリとした気分であった。

その他、
原子物理学者としてデニス・リチャーズが彩りを添えており、
M役のジュディ・デンチまで「現場」に出て大活躍したりと、
名匠マイケル・アプテッドの見事な監督ぶりである。
Q役のデズモンド・リューウェリンの遺作ともなったのが唯一悔やまれる。
posted by James Bond at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 2006  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。