2006年06月13日

日本対オーストラリア (1-3)

待ちに待った我等が日本の登場。
相手は ヒディング率いるオーストラリア。
間違いなく侮れない相手。

前半、日本はクロスが幸運にもゴールし先制したが、
これといった効果的な攻撃も無く、意思もないように見えた。
なんとも無気力に感じた。
ツートップはまともに機能しているのか??

後半はただ耐えるだけの展開。
全く面白くない試合になってしまった。
そうこうしているうちに、
サイドからのロング・スロー・インに飛び出した
ゴールキパー川口。
またもや粗相をしでかした。
これが契機となり、
一気にジャパンは集中力を切らし、あれよあれよという間に3点を献上した。

恐ろしく足が動かないジャパンであった。
しかも反撃する余力も無く、
ジーコのベンキワークも期待するべくもない。
フィジカルに圧倒的に不利な日本は徐々に体力を奪われていったようだ。
残り10分ほどが耐えれなかったのが致命傷となった。

この試合は落としてはいけない試合だ。
勝てるときにはきちんと勝つ。
これが出来ないようなチーム力では上位進出は望めない。

相手の監督の交代策がぴたりと的中。
監督の力量もはっきり出た試合であった。
決勝トーナメント進出に赤信号が灯るのも時間の問題となった。残念。
posted by James Bond at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

セルビア・モンテネグロ-オランダ (0-1)

堅守を誇るセルビアと攻撃サッカーのオランダ。
オランダ好きなチームなんですけど、
どうだろうな。

互いに初戦ということで、
慎重な立ち上がり。
だが、やはり試合を支配していくのはオランダ。
そんな中、速さのあるロッベンがディフェンスの裏を取ることに成功し、
DFを置き去りにするぶっちぎりのスピードでゴールに迫り、得点。

こなればカウンターサッカーのセルビアは難しい試合運びになる。
また、試合時間が3時ということもあり、互いの体力を消耗し、
元気なロッベン以外みるべきものがなった。

これから双方とも仕上げて行くのだろうが、
セルビアは死のグループと言われるC組の予選突破が厳しくなった。
posted by James Bond at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

イングランド-パラグアイ (1-0)

チラベルト引退後のパラグライ。
イングランドとどういった戦いをするのか?

パラグアイはやはり小粒なチームであるが
イングランドも本調子からは程遠く
強さはあまり感じられない。

しかしながら、
勝つ術はしっているようであり、
虎の子の1点を首尾よく守りきることに成功。
闘志あふれる姿勢を終始みせていたが、
決め手に欠いたパラグアイは得点できなかった。
順当な結果ではあるが、
イングランドの行く末を心配するような内容であった。
posted by James Bond at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ ドイツ 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。