2008年01月21日

rejuvelac(リジューベラック)の作り方

rejuvelac(リジューベラック)の作り方について詳しく説明されているサイトはこちらHis Healing Ways - Sprouting - Rejuvelac
です
posted by James Bond at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

消化器官を浄化する発酵水、リジューベラック

ニューヨーク・スローライフ

≪リジューベラックの作り方≫
1.ボトルに全粒の穀類(小麦、米、ライ麦、粟、オート麦、大麦(バーレー)、蕎麦など)と浄水またはスプリングウォーター(英語ではミネラルウォーターは、ミネラルの含有率が多い水で、その他の湧き水はスプリングウォーター)を1カップ:3カップの割合で入れ、暗いところに48時間置いておく。
2.水だけ漉し取り、冷蔵庫で保存する。3日ぐらいは持ちそう。
3.同様に3回まで同じ穀類から作ることができる。2回目以降は、水2カップを加え、24時間放置。

暑い時は、時間短めでOK。
posted by James Bond at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康飲料『リジューベラック』ジュース(小麦)

おでかけ USA

「リジューベラック」という健康飲料が、ヨガ好きの人やベジタリアンの間で流行している。アン・ウィグモア博士という自然治癒法の研究家がかなり昔から提唱している小麦の発酵飲料で、自分で簡単に作れるのが特徴。酵素が豊富に含まれ、若返り効果があると言われている。

「健康飲料」と聞くとつい、「またまた適当なことを言って金儲けしようとしてるんでは?」と思ってしまうが、リジューベラックはどこかの会社が販売しているわけではない。つまりこのドリンクが大流行しても儲かる人は誰もいないわけで、金儲けのための詐欺ではないことだけは確かだ。

それに発酵食品が身体に良いのは事実。ヨーグルトを食べないベーガンの人々はもちろん、味噌汁なんて滅多に飲まなくなった長期滞在の日本人にも、もしかしたら役立つ食品なのかもしれない。

ということで、ものは試し。さっそくリジューベラックを作ってみることにした。用意するものはガラスの瓶、ガーゼなどの布とwheat berry(ウィートベリー)。

ウィートベリーとは小麦粉にしていない麦のことでなかなか手に入りにくい。ホールフーズの店員さんに聞いても「はあ? 何それ」というような応対。

ホールフーズの人も知らないレアな健康食品に手を出している自分に一瞬得意になったはいいが、いったいどこで売っているのか。途方にくれて Craigslistの掲示板にメールを出したら「Erewhonで売ってる」との返事があり、わざわざWLAまで出かけて入手した。
さて、作り方は以下の通り。

@瓶の四分の一まで小麦を入れ、水を加えて8〜10時間置く。

A水を捨て、小麦を水ですすぎ、瓶をザルの上に斜めにして置く。(写真参照のこと)

B一日に2〜3度水ですすぐ→ザルの上に斜めに置くを繰り返していると、2日ほどでほとんどの小麦から芽が生えてくる。

C小麦をよくすすいで水を切り、ミネラルウォーターかフィルターした水を瓶一杯に注ぎ入れ、口に布を被せて輪ゴムで縛り、室温で48時間置けばできあがり。(発行中は小麦の間から小さい泡が浮き上がってくるのが見える。長く置きすぎると酸味が増すので注意)

D瓶の口に被せた布で漉したリジューベラックをその場で飲む、または別のボトルにうつして冷蔵庫へ。(約一週間保存可能)

E瓶に一回目よりはやや少な目の水を入れ、24時間置くと2度目のリジューベラックができる。さらに少な目の水をいれて24時間おくと3度目ができる。

初めて飲んだ感想は「おっ、そんなにまずくないじゃん」というもの。極度に気が抜けたビールと、水で薄めたヨーグルトドリンクの中間にあたる味、と言ったいいのだろうか。独特の青臭さがあるので普通はジュースやスムージーに混ぜて飲むらしいが、飲もうと思えば別にストレートでもごくごく飲める。

3度目の収穫までの三日間、毎日作りたてをコップ一杯飲んでみたが、飲んだ直後に体の芯が暖かくなり、その後も一日、普段より疲れにくいような気がした。が、私は暗示に弱い性格なので、あてにはならない。皆さん、ご自分で試してみてはいかが?


Wheat berry入手先:
〇Erewhonナチュラルフーズマーケット
7660-B Beverly Blvd. Los Angeles, CA 90036 (323) 937-0777
http://www.erewhonmarket.com/

〇インターネット
http://www.sproutpeople.com
http://www.wheatgrasskits.com/seed.htm  他多数

注:発芽中に水が溜まっていたり、すすぎ方が悪いとカビが生える可能性がある。カビ臭い、腐った匂いがする、舌に刺激を感じるなどの場合は飲まないこと。
posted by James Bond at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リジュベラック(リジューベラック)ジュース

リジュベラック(リジューベラック)・ジュース

アン・ウィグモア博士という方が考案した「リビングフード」をご存じですか?
欧米では一般的に生食ベジタリアンを「ローフード」と呼んでいますが、リビングフードというのは単なる生食のことではなく、消化、吸収、排泄、再生を追求したものなんだそうです。

と難しい話は置いておいて、リビングフードで使われる基本のドリンクとして「リジュベラックジュース」があげられます。リジュベラックは、生野菜や果物をたっぷりと食べて、活きた酵素をたくさんカラダに摂り入れましょうという食事法で、マクロビオティックと少々通じるところもあるのです。

このリビングフードのひとつであるリジュベラックは小麦などを使って作るのが一般的なようですが、キャベツを使ったキャベツ酵素ジュースなら手軽に作れるレシピですよね。血液循環や新陳代謝を活発にしてくれる酵素のチカラを存分に実感できることと思います。
posted by James Bond at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リジュベラック(キャベツ酵素)ジュースの作り方

マクロビオティックならマクロビ.JP

リジュベラック(キャベツ酵素)ジュースの作り方

材料
* 有機栽培のキャベツ:1/4〜1/2個くらい
* ミネラルウォーター:500〜800ミリリットル

1. キレイに洗ったキャベツをざく切りにします。
2. 1とミネラルウォーターをミキサーでよく混ぜます
3. 2をガラスのピッチャーに入れ、ラップで軽くフタをして室温で3日程度発酵させます。
4. 3日経って漬け物のような酸っぱい匂いになったら、3をガーゼなどでこして別のガラスのピッチャーに移し替えて、冷蔵庫で保存します。


清潔なピッチャーを使います。発酵状態を見て3日間程度置きます。目安はピッチャーの底の方が透明になってくること。異臭がしたり、白カビが生えてしまった場合は残念ながら失敗です。

こしてからは3日以内に飲みきる方がいいようです。できれば、朝昼晩と一日3回に分けて飲みましょう。もし飲みきれなかった場合は、スープや煮物などのお料理に使ったり、入浴剤代わりにお風呂に入れてもOKです。

私はストレートで飲みますが、もし飲みづらい場合には、倍の水で薄めたり、他のオーガニックジュースで割ったりしても大丈夫です。

頑固な便秘が改善されたり、肌質が変わったり、うれしい変化が待っていますよ♪ 多少の手間はかかりますが、なるべくきらさないように3日置きに作り続けるのがベストです。
posted by James Bond at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

断食後の復食 by 北川八郎

3日断食
1日目
 朝:おもゆ、
 昼:重湯/ハチミツレモン湯、
 夜:重湯2杯/野菜スープ(トマト・玉葱・ジャガイモ)
2日目
 朝:おかゆ/野菜スープ/パン1枚
 昼:おかゆ、味噌汁/パン1枚、野菜スープ
 夜:おかゆ2杯、味噌汁(豆腐入り)
3日目
 朝:味噌汁、おかゆ
 昼:おかゆ、味噌汁、大根おろし
 夜:柔らかめの御飯、味噌汁、大根おろし

野菜スープの作り方
鍋にトマト、人参、玉葱、ジャガイモともう一つ季節の野菜を一種類入れて、自然水で煮込むだけ。2日間は塩分なし、3日目に少し塩分を加える。甘くおいしく、感激すること請け合い。

断食4日間までの人は、4日頃から復食(普通食)
断食7日間以上の人は、5日目まで用心。6日目から普通食。ただし、塩分を10日間は控える。

5日断食
1日目
 朝:おかゆ
 昼:おかゆ
 夜:おかゆ2杯
2日目−3日目
 朝:おかゆ、味噌汁
 昼:おかゆ2杯、味噌汁
 夜:柔らかい御飯、味噌汁
4日目−5日目
 朝:柔らかい御飯/パン、味噌汁
 昼:柔らかい御飯、味噌汁
 夜:柔らかい御飯、味噌汁

7日断食
1日目
 朝:おかゆ
 昼:おかゆ
 夜:おかゆ2杯
2日目−3日目
 朝:おかゆ、味噌汁
 昼:おかゆ2杯、味噌汁
 夜:柔らかい御飯、味噌汁
4日目−7日目
 朝:柔らかい御飯/パン、味噌汁
 昼:柔らかい御飯、味噌汁
 夜:柔らかい御飯、味噌汁
posted by James Bond at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

バター

材料:純正生クリーム・1パック(200CC)(無添加・動物性脂肪のもの)、塩・小さじ1/4
用具:ボール、ゴムべら

作り方
@生クリームは冷蔵庫から出し常温で約30分置く。生クリームのパックを振ると、始めはぽちゃぽちゃ音が立つが、音がしなくなるまで数分、強く振り続ける。
A音がしなくなったら、生クリームのパックを左右からあけて全開にし、ゴムべらを使ってボールに全部入れる。
BAをゴムべらで押しつぶすように混ぜる。混ぜ続けると、生クリームの脂肪分と水分が分離し、少しずつ生クリームの中の水分がでる。水がたまってきたら捨てる。
CBを何回か繰り返し、水分が出なくなったら無縁バターの出来上がり。これに塩小さじ4分の1くらいを入れて、よく練りこめば有塩のバターになります。

ポイント
・安定剤の入った生クリームではバターはできません
・無塩バターに砂糖を加えればバタークリーム、レーズンを加えればレーズンバターのできあがり
posted by James Bond at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

しょうゆの作り方

材料:天然しょうゆ麹 1.91Kg
   水 2L
用具:約4.5Lの容器、 約1.5Kgの重石(液体が入った1.5Lのペットボトルで代用可)、木べら

作り方
@天然しょうゆ麹と水を容器に入れ、木べらでよくかき混ぜる
Aガーゼか布巾をかぶせる
B熟成してくると水分が蒸発してくるので、ときどき水を加える
C夏は1週間、冬は3週間ごとに、木べらでよくかき混ぜる
D約1年たつと醤油ができあがる。

ポイント
・容器は梅干を漬けるような常滑焼のカメか、梅酒用のガラス瓶が適しています。
・容器は密閉しないこと。ガーゼ/布巾等をかぶせるだけで、空気の通りをよくしておくこと
・3年以内に絞ること
・青や黒のカビが発生したら取り除くこと
・薄茶色の産膜酵母が表面に出来ることがあるが、これは有害なカビではないので、木べらで練りこんでもOK

醤油の絞り方
@ボールの上にガーゼを敷いたざるを置き、ガーゼの上にもろみを入れる
A一晩置くと、自然にしょうゆがたれてボールにたまる。これを「しずくしょうゆ」という。
BAのボールにしずくが落ちなくなったら、ガーゼの上に重石を置き、一晩置くと醤油が絞れています。これが「一番絞り」です。
C重石で絞れなくなったら、もろみをガーゼに包んだまま手で絞ります。手でも絞れなくなったら、果汁を絞る道具を使ってもよいでしょう。これが「二番醤油」です。合計で焼く1.8Lできます。
Dしょうゆ麹にはマル大豆を使っているので、醤油の表面に大豆の油が浮くことがあります。
posted by James Bond at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

コーンスープ

材料:コーン 500g、牛乳 750g 塩 小さじ1
用具:なべ、ミキサー、ざる、ゴムべら、木べら

作り方
@コーン500gと牛乳750gをミキサーに入れ撹拌する
A鍋の上にサルを置き、@を入れる。ゴムべらで強く漉してコーンのつぶつぶが多少なべに入るようにします。
BAのなべを弱火にかけ、木べらでかき混ぜながら沸騰したら火を止め、塩を小さじ1入れます。
C容器に移して、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やしてできあがりです。

ポイント
・冷凍コーンの場合、必ず解凍して使うこと
・火を止めた直後の熱い状態はサラサラしていますが、冷やすと自然なコーンスターチでとろみがでます。
posted by James Bond at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

マヨネーズ

材料:全卵・1個、塩・小さじ1/2、サラダ油・200CC  酢・大さじ1(15cc)
用具:電動撹拌器、 ボール

作り方
@全卵と塩をボールなどの容器に入れ、撹拌器で軽く混ぜる
A@に少しずつ油を加えながら分離しないように撹拌していく
BAがマヨネーズ状にねっとりしてきたら、酢を加えてさらに撹拌し、全体的にまざったらできあがり。

ポイント
・材料はあらかじめ全て室温に戻しておく
・酢と塩の量は好みで調節してください
posted by James Bond at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

サイダー

材料:炭酸水(ペリエなど)200cc、ぬるま湯・大さじ1、ハチミツ・大さじ1、レモン汁・小さじ1
用具:コップ、スプーン

作り方
@コップにハチミツを大さじ1杯入れる
Aぬるま湯大さじ1杯を入れ、スプーンでよくかき混ぜてハチミツを溶かす
BAに炭酸水を入れ、レモン汁を小さじ1杯加えたらできあがり

ポイント
・ハチミツの代わりに、砂糖やメイプルシロップでもOK
・レモン汁の変わりに、ゆずやすだちの汁でもOK
posted by James Bond at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

シャーベット

材料:ジュース・100cc、氷・500g、塩・大さじ2
用具:チャック付のビニール袋(大と小各1枚)

作り方
@大きいビニール袋に氷と塩を入れる
Aジュースを小さいビニール袋に入れ、チャックを閉める
BAを@の中に入れる
C片方の手にタオルをのせ、その上にBを置き、底をしっかりつかむ。もう片方の手でビニールの口をしっかりつかむ。ビニール袋を持った手を約5分激しくふる。少しずつジュースがかたまってくる。
D全部固まったらビニール袋からスプーンで取り出し器に入れる。

ポイント
・溶けるのも早く、賞味期限は5分です。
・卵と牛乳と砂糖を混ぜ、同じように作ると、アイスクリームができあがります。
posted by James Bond at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

ツナチキン

材料:マグロの赤身・200g、サラダ油・100cc、塩・小さじ1
用具:なべ、木べら

作り方
@マグロを2cm角に切り、塩を適量ふり、水気をとる
Aなべにマグロとサラダ油を入れ、とろ火にかける
Bとろ火で時々鍋の中を木べらで混ぜ、マグロの中まで火が通ったら、火を止める
C容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷えればできあがり

ポイント
・冷蔵庫で2-3日寝かせるとおいしいゼラチンができます
・マグロは脂が少なく赤身の強いほどおいしくできる
・マグロをサラダ油で煮るとき、月桂樹の葉を入れるとマグロの臭みがとれる
・こしょうを入れたり、ドライハーブで香り付けをすると、よりおいしくできます
posted by James Bond at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。